20代薄毛治療

 

抜け毛には自然脱毛と病気による脱毛症があります。

 

抜け毛は生命を左右するような重大なものではなく、従来ではそれほどに抜け毛に対する問題が医療として重要視されてはいませんでした。

 

病気を患うことで抜け毛が進行する脱毛の場合、代表的なものとして抗がん剤治療で、抗がん剤が血液を流れて体の内部のがん細胞を攻撃するときに、毛母細胞も同時に攻撃してしまい、髪が抜け落ちてしまいます。

 

この場合髪が抜け落ちてしまうメカニズムは解っており、がんを治療するうえで仕方なく、患者に十分な説明と理解を求めることが医師の役割としてあります。

 

治療後に抜けた髪が再び生えてくるのですが、男性の場合元の健康的な髪が生えてくるということが保証されないこともあります。

 

それ以外でも病気療養による長期間の栄養不足や、免疫力の低下などで細胞の代謝力が低下し一時的に抜け毛が増えてしまう症状もあります。

 

栄養不足などに陥ったときには、髪の毛は体の末端期間であるがゆえに、重要な器官である臓器と比べれば生命維持に必要ではありません。そのため栄養素は遮断されることから抜け毛に至るということです。

 

病気は誰もがなりたくてなるわけではありません。
ただ、抜け毛は病気に対して深刻なものではなく、患者本人のメンタルな部分に大きく作用するもので、対人恐怖症となったり、外出することすら嫌になることもあります。
そのため、病気の治療による抜け毛と言っても安易に考えるわけにはいきません。

 

まずは病気をしっかりと治療して免疫力や体力を取り戻しましょう。

 

体力が付いてこれば、食欲も出て、しっかりとしたバランスの良い食事が摂れ、髪の成長に重要な栄養も多く取れるでしょう。
このことにより徐々に改善が期待できます。

 

さらに近年では育毛剤が多く販売されるようになり、人やタイプにより効果を上げていることも薄毛改善への朗報となります。

 

育毛剤の多くは、副作用や主作用の情報に乏しく、必ずしも効果を保証するものではありませんが、重篤な副作用は少なく、トニックなどの製品塗布により皮膚炎などが報告されている場合もありますが、比較的安全性が高いです。

 

抜け毛のメカニズムをよく理解し、さらに発毛や育毛を促すメカニズムを知ることで改善への道が拓けるでしょう。

 

気にするあまりに精神的な疾病へと発展することがあるので注意しましょう。