ナノインパクトプラスの効果 20代薄毛治療

ナノインパクトプラスは効果ある育毛剤か?使った感じはどう?

ナノインパクト

ナノインパクトプラスは20代の薄毛治療育毛剤として効果があるのか、使えるものかを検証しました。

 

私がランキングで上位にあげているブブカと争うように人気を二分すると言ってもいい育毛剤。

 

もともとダブルテラという育毛剤でしたが、モデルチェンジしてさらに効果に磨きがかかりました。

 

名前が示すように、ナノ(成分の分子構造を細かくする技術)を特徴としていて、浸透性の高さを売りにしています。

 

さらにナノカプセルという独自の微小カプセルに成分を封じ込め、細胞の奥で溶かすことでより長く効果を持続させるといいます。

 

育毛剤にとってこれって重要なことです。成分が毛穴の奥の細胞までしっかり届いて始めて効果があるということですからね。

 

成分数も39種類とめちゃくちゃ入っています。これで効かなかったらどうするよ!?って言うくらいのレベル。

 

20代の薄毛治療に期待をこめながらまずは使ってみます。

 

例のごとく実際に使っている動画です。

 

 

動画では分かりにくいかもしれませんが、液体は少し粘性を帯びていて塗りやすい。決してべたべたというわけでもないです。

 

入っている容量は少な目の60ml。1ヶ月しか持たないでしょう。

 

値段が¥7,350円と、育毛剤の1ヶ月のコストとしては高目かもしれませんがこの性能を考えると納得がいきます。

 

実際にどのような効果を得られたかというと、生え際の産毛は確実に濃くなっています。

 

あくまで産毛ですのでここからどう育っていくかが問題なわけですが、生え際は浸透性が悪いという部分でもあるので効果はあると見ていいでしょう。

 

浸透性の高さは、皮脂や汚れをすり抜けていくほど強力とのこと。脂肌の人には特におススメできる育毛剤ではないでしょうか?